環境対策に対応すべく物流も大型船による輸送体制が考えられる中、国際海上コンテナ輸送を軸とした輸送体制に対応すべく広島港国際コンテナターミナル(出島)及び広島港コンテナターミナル(海田)において本船からのコンテナの荷揚げ及び積込み作業をガントリークレーンにより行い、効率的な輸送体制を実現しています。 その一つは荷役作業、運搬作業等の効率化にかかせないクレーン車、フォークリフト、トラックなど重機、車両の新鋭化による陸海一貫輸送体制によるDoor to Doorサービスの強化を図っています。 いま、半ば年々増加するコンテナ貨物量に対応するため安全性を確保し、機動力を強化している、こうした広島荷役の姿勢が、好感をもって受け止められています。

 
   
 
会社概要事業内容採用情報お問い合わせサイトマップ
Copyright(C) 広島荷役株式会社 All Rights Reserved.

うまく表示されない場合はマクロメディアウェブサイトから
フラッシュプレーヤーをダウンロードしてください。(無料)