中国地方の木材流通拠点としての重要性が高まっています。
環境保護による原木材の輸入は減少して新建材の利用が増加している中、木材住宅の良さは、依然強く、米国、カナダ、ニュージーランド、東南アジアから木材製品の輸入が増加しております。
広島荷役は、こうした市場のニーズに即応するため廿日市木材港に於て、機械化による本船荷役、コンピューターでの在庫管理によって、配達迄の一貫業務を近代化し、顧客の皆様のご要望にいつでもフレキシブルに対応できる体制を整えております。 
廿日市木材港は、4バースの投下岸壁、2バースの陸揚岸壁、水切場、水面貯木場200,000m3、野積土場50,000m3、倉庫50,000m3の保管能力があり、中国地方の木材流通拠点として重要な責務を果たしております。
また広島港宇品1万トンバースでは、輸入合板製品・木材製品の本船荷役から倉庫での保管・搬出入の一貫業務を行い、迅速かつ丁寧に対応できるよう、多数の重機を保有し品質意識の高いスタッフで作業を行っています。

 
   
 
会社概要事業内容採用情報お問い合わせサイトマップ
Copyright(C) 広島荷役株式会社 All Rights Reserved.

うまく表示されない場合はマクロメディアウェブサイトから
フラッシュプレーヤーをダウンロードしてください。(無料)